ハンコヤドットコムと比較してハンコヤストアドットコムやはんこプレミアムとハンコマンの違いとは

ハンコヤドットコムは、印鑑のインターネット販売をリードする企業で、年間41万件の出荷実績を持っています。

印鑑のネット販売通販専門店として、シェアトップを掲げていますから、実績だけでなく自信も窺えます。

最短即日出荷を約束していること、それに品数が膨大で選択肢が豊富にあることも注目を集めます。

お客様満足度99.3%、この数字が同社の魅力を理解する上でのヒントとなるでしょう。

有名俳優起用したCMで分かるように、ハンコヤドットコムは広告に力を入れることで、知名度を高めつつ存在感を表しています。

いち早く業界に参入したこと、顧客の満足度を高めるサポート重視の戦略を取った結果、現在のような地位が得られたと思われます。

ただ、競争が激しく2位以下の企業も勢いがありますから、決して油断することはできないのも事実です。

ハンコヤストアドットコムは年間10万の販売実績なので、ハンコヤドットコムと単純に比較すると4分の1の規模です。

しかし、提供される商品の質は負けていませんし、価格的にもかなり企業努力をして頑張っている印象です。

送料は一律540円ですが、5250円以上の買い物で無料になりますから、5400円以上を条件とする前者に比べれば少し優位性があります。

最短即日出荷は同等ですから、圧倒的な優位点にはならないものの、トップクラスの対応力がある印象が受けられます。

実際にハンコヤストアドットコムを利用している人達の評判は良く、品数も品質も専門店らしく魅力的だと高評価です。

公式サイト以外にも、大手の通販サイトに出店を行っていますから、そういった部分もハンコヤドットコムと競合しています。

規模では譲ってしまいますが、気持ちや成長の意欲は負けていないので、今後牙城を崩せるかどうかに要注目です。

はんこプレミアムも専門店ですが、正確にはサイト名ではなく運営を行っている企業名を指します。

同社は従業員30名ほどの小さな会社で、規模だけで比較すると大手には負けます。
それでも、14時までの注文で即日出荷が行なわれたり、5400円以上で送料無料になる点は互角です。

陰影確認は無料で提供されますし、商品には10年間の無料保証が付きますから、サービス内容は大手にも引けを取らないものです。

出荷実績や顧客満足度は公表されていませんが、価格の安さで知られているので、コスト重視で印鑑を買い求めたい人達に人気があります。

ただし、デザインがほぼ同じWebサイトを複数運営していて、名前が似ていることもあってややこしいのは減点です。

通販サイトに出店するだけならともかく、独自ドメインでいくつも似たようなサイトを運営しているのは疑問です。

消費者の混乱を招くだけですし、偽サイトや怪しげな印象を与えてしまうので、このやり方は好手とはいえないでしょう。

 

ハンコマンも5400円で送料無料ですから、ハンコヤドットコムを意識した印鑑専門店だと想像できます。

実際にWebサイトを見てみると、デザインがとても似ていて品揃えも類似しています。

勿論、印鑑の専門店は取り扱い商品が似通ってしまうので、類似点が複数あっても不思議ではないです。

ただ即日出荷対応を伝えるメッセージが同じ位置にあったり、ジャンル分けが似ているのは偶然ではないと考えられます。

出荷実績や顧客満足度の表記はないので、そこは大手に譲るハンコマンの弱点だといえます。

直接的に比較してみると分かりますが、両者のWebサイトはページの表示速度が似ていて、同じような閲覧感覚が得られます。

ところが、前者は品揃えが豊富な上に情報提供が詳細で理解しやすいですから、洗練さに違いがあると結論付けられます。

年間10万の実績を持つハンコヤストアドットコムは、業界最大手の後につく期待のライバルです。

こういうライバルがいるお陰で、価格競争が起こり印鑑がお得に買えるわけですから、まさになくてはならない存在です。

はんこプレミアムの方は、知名度が低くやや紛らわしいWebサイト運営をしているなど、消費者の視点からすると微妙なところです。

こういった運営方法によって他との区別化はできるでしょうが、一体どれが本体なのか迷わせますから、そこはむしろ負けています。

ハンコマンは最大手ではありませんが、送料無料の条件や即日出荷の対応などは、十分に消費者を満足させることのできるポイントです。

キャラクターものの印鑑も取り扱っているのは、大手と同じく目の付けどころが良好で、行動力もあると評価が行えるポジティブな部分です。

ビジネスはスピードが命ですし、インターネット販売が中心の印鑑専門店ならば、尚のことライバルに目を向けて先手を打つ必要があります。

ハンコヤドットコムは規模、スピード感共に圧倒的ですが、ハンコマンのように諦めずに食らいついていく姿勢は重要です。

ハンコヤストアドットコムと同じく、今後の展開に期待できますから、ネット専売の印鑑販売がどのように変化していくのか要注目となります。